メニュー
         

外国人の方の在留資格(ビザ)申請でお困りですか?

司法書士国際法務.comを運営する神戸リーガルパートナーズは、
            国際案件を得意としている司法書士・行政書士事務所です。
外国人の方の在留資格(ビザ)申請でお問い合わせを多数いただいています。

こんなことでお困りではありませんか?

  •                  
    外国会社の日本進出にあたり経営者の在留資格を取得したい
  •                  
    外国会社の日本進出にあたり従業員を日本に派遣するためビザを取りたい
  •                  
    外国人の従業員を雇用したいが在留資格のことがわからない
  •                  
    転職希望の外国人を雇用したいが今の在留資格で働けるのかわらない
  •                  
    留学生を雇ったので就労できるビザに変更したいが手続きがわからない
  •                  
    海外の外国人を従業員として招聘したいが必要書類や手続きがわからない
         

神戸リーガルパートナーズ におまかせ下さい

     
     
             
               

外国人を従業員として雇用するなど職場に外国人がいることは珍しくありません。

    

外国人を雇用するためには就労できる在留資格を得ることが必要ですが、在留資格は複雑でわかりにくいです。

               

本当に雇用できるのか、在留資格を申請するためにはどういう書類を揃えれば良いのか、わからないことが多いのではないでしょうか。

 

そのようなときは神戸リーガルパートナーズにご相談ください。

   

当事務所は英語、中国語に対応して、在留資格の申請に限らず外国とのやり取りについてもサポートが可能です。

         

当事務所のサポート事例

           
日本法人を設立し派遣する社員の在留資格を取得した事例
               

日本人と合弁で日本法人を設立し経営者と従業員の在留資格を取得

               

外国会社が日本に設立する法人に出資し、取締役と営業の従業員を本国から日本法人に派遣するため在留資格を取得するため申請について相談があった。

               

本人は面談後に帰国したため、本人らとは英語でメールのやりとりし本国で必要な書類を揃えてもらい、日本法人の担当者とも連絡を取り合い、在留資格の申請をした。在留資格認定証明書が無事交付された。

           
初めて外国人を雇用する会社の事例
               

初めて外国人従業員として留学生を雇用し在留資格の申請をする

               

人手不足で採用に苦戦していた会社が留学生を従業員として雇用するため、就労できる在留資格を取得したい。将来は幹部への登用も考えているとの相談があった。

               

留学生の専門と業務内容を聞き取ったうえで、書類を整えて在留資格変更許可申請を出した。手続きはスムーズに進み、すぐに在留資格変更許可が出た。

             

当事務所のサポート内容

               
  • 外国人経営者・従業員招聘のための在留資格認定証明書交付申請手続き
  •            
  • 外国人留学生を雇ったときなどの在留資格変更許可申請手続き
  •            
  • 在留期限を延長するときの在留期間更新許可申請手続き
  •            
  • 転職する外国人を雇用する際の就労資格証明書交付申請手続き
  •    
  • 永住許可申請など入管における手続き

お問い合わせはこちら

078-262-1691

遠方の方はビデオ会議もOK!

お問い合わせ
Close