メニュー
         

不動産業者の方へ
外国人が当事者の不動産取引でお悩みですか?

司法書士国際法務.comを運営する神戸リーガルパートナーズは、
渉外登記、国際相続などの国際案件を得意としている司法書士事務所です。
外国人が当事者の不動産取引でお問い合わせを多数いただいています。

こんなことでお困りではありませんか?

  •                  
    外国人が売買の当事者なのは初めてで何を確認すれば良いかわからない
  •                  
    外国人が関わる売買でどんな書類を揃えればいいかわからない
  •                  
    売買の前提で相続登記が必要だが被相続人が外国人
  •                  
    外国人が当事者のとき、どんなことに気をつければ良いか分からない
  •                  
    いつも依頼している司法書士から外国関係の登記はできないと言われた
  •                  
    日本語が理解できない外国人に重要事項説明や契約書の説明ができない
         

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ におまかせ下さい

             
               

外国人の方の日本の不動産投資への関心が高いです。

    

外国人がお客様となると意思疎通が心配だから、外国人というだけで断っていませんか?

               

外国人の投資家は複数の物件を購入されることも多いので一度取引すると別の物件を売買されるいわゆるリピート客となりえます。仲介業者としてもリピート客は取りこぼしたくはないところです。

 

海外在住外国人が売買の当事者となる場合、どのような書類を用意してもらえば良いのか、宅建業者として犯収法の本人確認をどのようにするか等悩みは多いのではないでしょうか。

   

当事務所は英語、中国語に対応して、不動産取引において決済の立ち会いだけではなくて、重要事項や契約書の説明などの一連の手続きについてもでサポートが可能です。

         

当事務所のサポート事例

           
売主が来日しない不動産取引をサポートした事例
               

外国人が売主で仕事が多忙で来日できない不動産取引

               

外国人が売主となる不動産取引で、仕事が多忙のため来日できない。また、権利証は紛失しており、本人確認情報を作成する必要があるため、面談により本人確認をする必要があった。

               

売主本人とメールで連絡を取り、アメリカで面談、本人確認を行った。登記は本人確認情報を添付して速やかに完了することができた。

           
売却の前提で外国人の相続登記をした事例
               

売却の前提で韓国籍の被相続人の相続登記が必要だった

               

相続人が相続した不動産を売却する前提として相続登記が必要であったが、売買による所有権移転登記の依頼を受けた司法書士が外国人の相続登記はわからないとのことで、当事務所に相談があった。

               

被相続人の国籍が韓国であり、本国の本籍地も判明していたことから、除籍謄本等必要な書類を領事館で取得し、速やかに相続登記を終えることができ、売買もスムーズに行われた。

             

当事務所のサポート内容

               
  • 外国人が当事者の不動産登記申請手続き
  •            
  • 外国人が当事者のときの登記関係書類の作成
  •            
  • 外国人の相続登記手続き
  •            
  • 必要に応じて外為法の報告書提出
  •    
  • 売買代金から源泉徴収の要否の確認
  •            
  • 重要事項説明・売買契約の翻訳・通訳
  •   
  • 納税管理人の引き受け

お問い合わせはこちら

078-262-1691

遠方の方はビデオ会議もOK!

お問い合わせ
Close