メニュー
         

外国人の相続、相続人が外国人
国際的な相続案件の手続きでお悩みですか?

司法書士国際法務.comを運営する神戸リーガルパートナーズは、
渉外登記、国際相続などの国際案件を得意としている司法書士事務所です。
国際的な相続でお問い合わせを多数いただいています。

こんなことでお困りではありませんか?

  •                  
    被相続人が外国人の相続手続きでどんな書類を揃えれば良いかわからない
  •                  
    被相続人が外国人でどの国の法律が適用になるのかわからない
  •                  
    相続手続きのために海外から書類を取り寄せなければならない
  •                  
    海外に住んでいる相続人からどんな書類をもらえば良いかわからない
  •                  
    相続人に外国人がいて日本語がわからず手続きの説明ができない
  •                  
    相続財産が海外にあって手続きのしかたがわからない
         

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ におまかせ下さい

             
               

外国人が亡くなって相続が開始した。相続人が海外に住んでいる。相続人が外国人。相続財産が海外にある。

  

人の移動や交流が活発になって、このような国際的な相続(渉外相続)が増えています。

    

渉外相続は、日本人の相続と比べると手間も時間もかかり、揃える書類もケースバイケースで異なるので、渉外相続を積極的に扱う専門家は限られています。

    

渉外相続の当事者が何十件も事務所に問合わせてやっと当事務所にたどり着くこともあれば、渉外相続を引き受けた専門家から当事務所の協力を求めらることもあります。

    

当事務所は英語、中国語に対応して、渉外相続案件について、相続手続きの全部または一部を引き受けて手続きいたします。

         

当事務所のサポート事例

           
アメリカ人が亡くなり日本の財産の相続手続き
               

被相続人がアメリカ国籍、相続人は日本国籍とアメリカ国籍の方がいた

               

アメリカ国籍の方が亡くなり、日本の財産について相続手続きが必要になった。配偶者と子は日本国籍だがアメリカ在住。他に先妻との間にアメリカ国籍の子がいた。

               

配偶者の方が全て相続することで全員納得していた。アメリカ側で必要な書類を用意してもらい、こちらから当事者にサインしてもらう書類をメールし、全員からの書類が揃ったところで不動産登記、銀行口座の解約を完了させた。

           
日本人が亡くなり配偶者が中国籍の相続手続き
               

相続人の配偶者は中国在住で中国籍、先妻との間に日本国籍の子がいた

               

税理士法人からの紹介案件。日本人が亡くなり、配偶者は中国籍で中国在住、日本語は話せない。他に先妻との間に日本国籍の子がいた。

               

相続人は法定相続分で分配することに異存なかったため、遺産承継業務として当事務所が受任。中国とも連絡を取りながら手続き進め、遺産承継を完了させた。

             

当事務所のサポート内容

               
  • 被相続人が外国人の相続登記手続き
  •            
  • 被相続人が外国人の場合の銀行等金融機関の相続手続き
  •            
  • 外国にいる当事者への連絡、書類の依頼、送金
  •            
  • 外国から証明書の取得
  •  
  • 外国人の方の相続対策・遺言書作成手続き
  •            
  • 相続人が海外在住の場合の相続手続き、書類作成
  •    
  • 相続人が外国人の場合の相続手続き、書類作成
  •            
  • 海外資産の相続手続き

お問い合わせはこちら

078-262-1691

遠方の方はビデオ会議もOK!

お問い合わせ
Close